RPA(オフィスロボット)関連銘柄【本命候補】

更新日:

6572 RPAホールディングス 本命度★★★★★


事務作業代行ソフトウェアの販売等を行うロボットアウトソーシング事業及びアフィリエイトサービスを行うアドネットワーク事業等を展開。RPAサービス「BizRobo!」は全国で約400社、大手企業の導入実績もあり、1万ロボットが稼働中。

3719 ジェクシード 本命度★★★


現在再建中のERPコンサル企業。『働き方改革』追い風に人事コンサル本格化。筆頭株主のTCSとRPA(ロボットによる業務自動化)事業計画、M&A交渉も模索中。

 

6193 バーチャレスク 本命度★★★


コールセンターの運営受託をはじめ、顧客管理に関するコンサルやIT製品の一括提供が強み。RPAソリューション「WinActor」と「UiPath(ユーアイパス)」の販売を開始。

 

9698 クレオ 本命度★★★


基幹業務パッケージ「ZeeM」を手掛ける開発受託とERP販売が両輪のソフト会社。

 

6560 LTS 本命度★★


RPAやAIなどを活用して働き方改革を促進支援。ビジネスプロセス可視化・改善・実行支援など展開。

 

3900 クラウドワークス 本命度★★★


インターネット上の人材マッチング事業と大企業向け事業が柱の国内最大級のクラウドソーシング会社。RPAテクノロジーズとRPA分野領域で業務提携。

 

4743 アイティフォー  本命度★★★


ネットワーク構築や延滞債権管理システム等のソフト開発に強みをもつ独立系SIベンダー。RPAは業務効率化を迫られる金融機関、コールセンター、公共など積極開拓。

 

7527 システムソフト 本命度★


システム開発からWebマーケ支援事業などを拡大中でPRAは人材育成など先行投資期。「UiPath(ユーアイパス)」を販売。

 

3648 AGS 本命度★★


データセンター運用、ソフト開発が柱の独立系の情報システム会社。RPA導入支援サービスを開始。

 

RPA(オフィスロボット)関連銘柄の今後

RPAとはRobotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、ロボットによる業務自動化の取り組みのことです。

主に人事や経理、総務、営業管理などの業務を自動化するシステムで、人工知能(AI)などの技術を用いたソフトウエアによって、人の代わりにパソコン操作などを自動化することで、業務の品質向上、作業時間の短縮、業務の生産性向上を実現するソリューションです。

RPA関連株は新しいテーマですが、労働人口の減少による慢性的な人手不足を背景に国が進めている「働き方改革」のど真ん中を行くテーマになると思います。

国策であり「なんだかよくわからないけどすごい技術だよね?」的なテーマは市場では人気化しやすいです。

ただ、今RPA関連が大きく動いてるのはRPAホールディングスの新規上場をにらんだ動きだと思うので、上場後の動き次第で今後の動きが決まってきそうです。関連銘柄の数も多いので人気化すれば今年の台風の目にもなりえる注目テーマです。

 

RPA(オフィスロボット)関連銘柄の本命候補は?

RPA関連銘柄の本命候補は、2018年3月27日に新規上場したRPAホールディングスです。今年期待されるテーマの人材不足+人工知能も絡む期待のテーマRPA+IPO(公開枚数も多くない)で人気と注目度は抜群なので、今後RPAホールディングスがRPA関連の代表格になると考えます。

ただし、現状だと初値が高すぎた感じもするので、ここからさらに値を飛ばすかが微妙だし、なにより関連銘柄の多くが連動できていないので、テーマを引っぱる銘柄になるかは微妙です。RPA自体まだ始まったばかりのテーマなので、強さを感じない場合は、安値を拾う戦略を取るのも手だと思います。

-人気テーマ株
-,

Copyright© 明日のデイトレード銘柄選びメモ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.