テレワーク関連銘柄

投稿日:

3915 テラスカイ 東1
米国セールスフォースとAWSのクラウドシステム導入支援・開発事業を展開。 米国製クラウド電話システム活用した在宅コールセンター構築案件が活発。セールスフォースと連携する社内SNSツールを無償提供。在宅勤務や外出先などでテレワークを行う際でも、出勤時と変わらない業務効率を実現するコミュニケーションプラットフォーム「mitoco(ミトコ)」を手掛ける。

4495 アイキューブドシステムズ
法人向けにモバイル端末などを一元管理・運用するマネジメントサービスを、SaaSとして提供。2020年7月15日上場。

3940 ノムラシステム 東1
独SAPのERP(統合基幹業務システム)導入コンサルや保守が軸。好採算のRPAは新規受注とカスタマイズ伸長、テレワーク対応需要増。

3969 エイトレッド 東1
ソフトクリエイトHD傘下。ワークフローソフト専業。パッケージ販売に加えクラウドも提供。在宅勤務浸透で、ワークフローソフト需要が急拡大。大企業向けに加えて中堅・中小企業向けも出荷伸長。

3834 朝日ネット 東1
独立系のISP大手。『ASAHIネット』運営。テレワーク環境の構築需要追い風にモバイルルーター契約が好伸。法人向け光コラボ堅調。従量課金制のIPv6ローミング提供も通信量大幅増受け一層拡大。

6670 MCJ 東2
パソコン製造・販売が起点。『マウス』ブランドが主力。柱のPCは新型コロナの在宅勤務特需で上期活況、徐々に前期買い替え需要の反動減。薄型・軽量モデルや電池の持ちを長くしたモデルを投入、在宅勤務需要を取り込み。

1973 NECネッツエスアイ 東1
NECの工事部門が独立。一般企業・通信会社向けにシステム構築やクラウド提供。代理販売するWeb会議システム『Zoom』は薄利も契約大幅増、顧客深耕で働き方改革支援拡大狙う。遠隔授業の需要増商機に文教関連開拓にも注力。

3565 アセンテック 東1
仮想デスクトップのソリューション、ソフト・端末販売、保守・コンサル軸。クラウドサービスも展開。
既存PCでテレワーク対応する短納期自社製品の受注が金融業界中心に想定超。月額課金積み上げ。他社との業務提携拡大し、テレワークや遠隔授業の領域で事業展開を加速。

4421 DIシステム JQ
通信や金融、官公庁向けシステム開発・運用のSI事業が主。新卒者のIT教育研修サービスも。新型コロナ感染拡大受け、HP経由のテレワーク環境構築引き合い活発化。Javaリモート研修サービス開始。

4726 SBテクノロジー 東1
企業や官公庁向けのクラウドや、運用・監視含むセキュリティが柱、自社サービスの開発拡大中 。省庁向け行政手続きデジタル化開発が好伸し牽引。IT支援もテレワーク環境構築需要受け法人、公共向け共にクラウドやセキュリティの導入や運用拡大。clouXion(クラウジョン)シリーズからテレワークに必要なサービスをまとめたパッケージを、6か月間無償提供する『clouXion テレワーク支援キャンペーン』を実施。

6836 ぷらっと 東2
Linux等の無償OS利用したサーバーやシステム構築に強み。テレワーク専用サーバーを4月投入。自宅に子機を置くだけでセキュアなテレワーク環境を構築。継続前提に重要事象。

3677 システム情報 東1
独立系SI。国際資格PMPとCMMIレベル5のプロジェクト管理に強み。テレワークのクラウドサービス提供開始。導入を簡易化しリモート会議などにも対応。

4434 サーバワクス 東M
米アマゾン傘下のクラウド『AWS』導入支援・保守代行の専業。運用自動化システムに強み。自宅から会社PCにアクセスできるAWS遠隔デスクトップサービスが引き合い急増。コールセンター業務の在宅化クラウドシステム構築も案件増加中。

3984 ユーザーロカ 東1
ビッグデータの各種解析ツールや人工知能(AI)を使った業務支援ツールを開発・提供。社内テレワーク問い合わせに、人工知能を活用した自動応答システムであるサポートチャットボットを提供。

4768 大塚商会 東1
SIから保守までを行う情報サービス大手。オフィス通販『たのめーる』を展開。
テレワーク普及で物販増。SIや受託ソフト、IT支援化『たよれーる』の引き合いが堅調。需要急拡大でリモートアクセス関連ツールやセキュリティ、文書電子化など商材多角化し対応推進。AI利用した営業活動支援も活用。

4448 Chatwork 東M
クラウド型ビジネスチャットツールを開発・販売。新型コロナ禍でのテレワーク需要が追い風、ビジネスチャット好調。

3962 チェンジ 東1
企業・公共団体へIT技術やデジタル人材育成サービス提供。子会社がふるさと納税サイト運営。テレワークにおける生産性測定に向けたデータ解析サービス開始。

3040 ソリトンシステムズ 東1
セキュリティ対策ソフトとシステム構築が柱。映像伝送や人感センサーなど育成。テレワーク拡大に対応、自社ツールの期間限定無償提供テコに新顧客開拓推進。

9419 ワイヤレスG 東1
他社インフラ借りて公衆無線LAN、WiMAXサービス展開。WiMAXは契約数維持し堅調。IoT子会社LTE‐Xも在宅環境整備需要を追い風にセキュリティなど想定超。

3900 クラウドW 東M
国内最大級のクラウドソーシング会社。クラウドソーシングは新型コロナに伴うテレワーク増加が追い風。

3921 ネオジャパン 東1
グループウェア大手。パッケージ販売とクラウドサービスが2本柱。既存客から非正規社員向けに追加利用の引き合い増。テレワーク支援へ6月末まで無償提供、試用経て導入促進。

2351 ASJ 東M
3842 ネクスジェン JG
次世代通信網(NGN)の制御システム開発会社。SIP(通話制御プロトコル)の先駆的存在。5月からテレワーク時に活用できる自動電話受付サービスの販売を開始。

4475 HENNGE 東M
クラウドID管理サービス『HENNGE One』展開。在宅勤務拡大に伴うSaaS利用増が『HENNGE One』に追い風。RPAソフトとも連携し拡販。

3681 ブイキューブ 東1
Web会議などコミュニケーションサービス提供。主力のWeb会議がテレワーク浸透の流れで引き合い強い。山口フィナンシャルGと提携、同社と域内業者にテレワーク導入支援。

4776 サイボウズ 東1
業務を効率化するグループウェアで国内シェア高い。パッケージソフト、クラウド両方で提供。テレワークや働き方改革が追い風、業務アプリ開発ツール『キントーン』順調増。グループウェアもクラウド型牽引し伸びる。米国など海外堅調。自社のテレワークノウハウを外部研修で提供。

3694 オプティム 東1
スマホなど端末の一括管理サービスをクラウドで提供。遠隔サポートも展開。テレワーク環境下での従業員の業務管理・体調管理・生産性向上をAIで支援するサービス「Optimal Biz Telework」を提供。


7066 ピアズ 東M
携帯販売代理店軸に店舗運営コンサル、販促支援を行う。研修向け動画や業務効率アプリも提供。 子会社のOne Colorsを通じてリモートワークでの社員教育を効果的かつ効率的に行うための動画学習サービス「jishuu」事業を新たに開始すると発表した

3744 サイオス 東2
オープンソースやクラウド製品を開発・販売。システム障害回避ソフトが柱。テレワークの増加受け、FAX電子化ソフトが引き合い活発。

3021 PCNET 東2
IT機器管理サービス提供。引き取り回収やレンタルも展開。自社でデータ消去等の体制整備。テレワーク需要でPCレンタルは新規受注、既存契約の期間延長とも要望急増。

3927 フーバーブレイン 東M
情報セキュリティサービスの開発・販売企業。ネットワークとセキュリティーをクラウド統合した世界初のSASE(サシー)プラットフォーム「Cato Cloud(ケイトークラウド)」を提供。業務可視化のクラウド新商品にパッケージ版を追加、他社提携も進め、テレワーク支援製品を拡販。休暇とテレワークを併用するワーケーション推進も開始。

テレワークとは、「tele=離れた場所」、「work=働く」という意味の単語を合わせた造語であり、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

パソコンなどの端末があれば、会社に出勤しなくても仕事ができる環境を構築することで実現した新しい働き方ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため外出自粛が求められる中、導入する企業が増えています。

目新しいテーマである反面、現状コロナ特需の側面が強い印象がするので、息の長いテーマになるかは微妙です。

ただテレワークは、政府が推進する働き方改革の1つでもあり、2019年での導入率は19.1%とまだまだ伸びしろがあるのと、最近、政府がテレワーク普及率7割を目指すことがニュースになりました。

7月15日に新規IPOのアイキューブドシステムズが上場したこともあり、注目度は高いので、しばらく要チェックすべきテーマであると考えます。

-人気テーマ株

Copyright© 明日のデイトレード銘柄選びメモ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.