セルフレジ(無人レジ)関連銘柄【本命候補】

更新日:

3784 ヴィンクス 本命度★★★★★

イオン関連取引が柱の小売り・流通向けソフトを開発会社。2018年2月、パナソニックと業務提携し、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」にヴィンクスのPOSシステム「ANY-CUBE」を組み込むことで小売店の現行環境を大きく変更することなく導入することを目指す。


 

2795 日本プリメックス 本命度★★★★

ミニプリンタ専門卸で最大手。レジやATMの領収書発行などを中心に産業用ミニプリンターを展開。セルフサービス情報端末「KIOSK」向けプリントソリューションを手掛ける。

3996 サインポスト 本命度★★★

金融機関や公共向けシステム開発コンサルがメインで、バッチ処理等サービス事業やAI事業も展開。世界初のAI搭載のレジスター「ワンダーレジ」の開発に成功。製品開発をコンビニや大型店と共同開発中。


 

3814 アルファクス・フード・システム 本命度★★★★

大手チェーンが主顧客でPOS、注文装置などのシステム機器や外食向けASPサービスを展開。


 

6664 オプトエレクトロニクス 本命度★★★

バーコードリーダーのレーザーエンジン世界2位、国内シェア9割。


 

9972 アルテック 本命度★★★

ICタグを包装紙に組み込む装置を 包装、印刷関連など特殊産業機械の専門商社。


 

6588 東芝テック 本命度★★★

POSなど流通端末で国内シェア5割、12年IBM事業譲受で世界首位に。


 

 

セルフレジ(無人レジ)関連銘柄とは?

2017年4月に経済産業省とコンビニ大手5社が共同で「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表したのに続き、2018年2月には国内大手ドラッグストアが国内全店舗にセルフレジを導入すると発表しました。

これにより2025年に大手コンビニやドラッグストアではセルフレジが導入されることになります。

 

今も大手スーパーで少しずつセルフレジ化が進んでいるのと、大手外食チェーンでも試験的にセルフレジを導入中なので材料はこまめに出そうです。この先もっとセルフレジを導入する企業は増えると予想されるので、かなり大きなテーマに成長しそうです。

 

セルフレジ(無人レジ)関連銘柄の本命は?

今の所セルフレジ関連の本命は、パナソニックとタッグを組んだことで、一気に存在感が強まったヴィンクスと考えてます。ヴィンクス程ではないですが、日本プリメックスも勢いと強さがあるので要チェックです。

 

2025年って…まだまだ先の話ではあるんですが、セルフレジ関連はセルフレジの機械の他にICタグも絡む話なので、材料もこまめに出ると思います。このまま人気化すれば今年のメインテーマになりそうな勢いも感じるし、今年に限らず今後最も注目したいテーマの1つです。

-人気テーマ株
-

Copyright© 明日のデイトレード銘柄選びメモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.